アヒルと父親と自分

今日夕方お店の番犬クロを散歩させようとしたらチェンが外れクロが逃げていきました。自由を手に入れたクロ。それはもう一目散に駆けていきました。名前を何度も呼ぶも振り向かず。クロに飼い主の愛は伝わっていなかった。すごい勢いで走って逃げました。その姿を見て寂しさしか感じなかった。

クソーーー飼い主だぞーーー。切ない気持ちっす。夕方、車や徒歩で1時間くらい探しまくりましたよ。日も落ちて暗くなってきたので今日の捜索は諦めようとお店に戻ったら犬小屋にちゃっかり戻ってきていてご飯を待ってました(笑)そんな自由な愛犬をみて可愛さキュンキュンな月曜日の夕方でした。

どうもこんばんわ。愛犬との距離がハンパなくあるそば屋がまこう庵2代目ガモジュンです。

アヒルと父親と自分

5月の田植えからようやく新米ができました。がまこう庵のアヒル米!!農薬に頼らず自然の力だけを信じてアヒルと父親と自分で今年も美味しいお米ができました。

アヒルたちは田んぼを駆け巡りながら害虫駆除、除草活動、稲と稲の間の空気の循環。遊んでいるようでしっかり仕事をしていたのです。田んぼや水の管理などを父親がし、草払いや雑用係が自分です。そして何よりも自然の力が偉大です。絶妙な霧島の環境。湧き水で育つ稲。鶏たちの堆肥で大きくなったお米。今年もありがとうございます。

新米はなぜ美味しいのか?

新米ってなんでこんな美味しいのでしょうね。新米って響きだけで美味しい気がします(笑)実際美味しいんだけどね。

でも色々調べると。新米よりも2、3ヶ月寝かした方が美味しいとか、熟成米と言ってしっかり管理された保存法で一年寝かせた方がより新米よりも美味しくなる(普通保存方法では美味しくならないです。むしろ不味くなりますのでそこは注意してくださいね)とか情報がいっぱい出てきました。新米はフレッシュで古米はマイルド。

でも自分は収穫されてすぐに食べる新米が一番好きだし美味しいです。

だって田植えしてから。いやその前からか。準備の段階から今まで田んぼの管理をしてきた半年間。それはこのお米が食べたいから。

暑い日も畔払い。20日にいっぺんのペースです。草伸びるの早っーーーー!!って何度も突っ込みました(笑)真夏が一番きついっす。草刈機を担いで3時間草払い。きてる服が水を被ったかのように汗でびしょびしょになります。

暇さえあればひえ取り。ひえっていうのは稲に似た草のことですよ。これがまー生えてくるんです。もいいよってくらい生えてくるんです。

こうやって大変だった田んぼの夏。全ては美味しいご飯が食べたいから。家族やお客さんが喜んで食べてくれる。いっぱい喜ばれる。喜ばれることが原動力なのかもな。

そんな大変だった苦労や思いで待ちに待った新米のご飯を食べる。古米や熟成米が美味しいと言われていますが。やっぱり自分はこの時期にとれたての新米が一番美味しいと思うのです。この新米が食べたくて頑張ったんだもん。

この時期はなぜかご飯をお代わりします。うちで育ててる鶏の卵で卵かけご飯がしたいから。卵かけご飯で〆る。最高です!!

がまこう庵のお米は毎年販売しておりましたが今年より店頭販売を中止しました。

毎年がまこう庵の店頭で販売していたお米。今年は在庫が少なく販売できません。理由はお店で使う消費(お客さんに提供する分、ポン菓子、シリアル、米麹など)が年々増えて販売分まで回らなくなってしまいました。どうしてもって方は直接お店に連絡するか?ガモジュンに直接連絡ください。その分は大丈夫です。

そんな感じで今年も美味しいご飯が食べられるので一安心。あとはそばですね。台風でどうなったか?明日ちょっと見てこようと思います。うす!!

そばっこブログはここまで。またね〜。

がまこう庵

宮崎県 都城市 吉之元町5186

◎営業時間午前10時〜午後5時

◎定休日毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

◎電話・ファックス0986・33・1226

◎メールinfo@gamakoan.jp

がまこう庵の詳しい情報はこちら

The following two tabs change content below.
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。