そば饅頭こわい。

今日は節分です。

豆まきを家族でしました。娘たちに投げつけられて一通り豆まき終了。

その後は父親の財布の小銭をチラシに巻いて子供達にまく。というよくわからなく恒例の儀式が我が家では去年からあります。

おかげで財布はすっからかん。

どうもこんばんわ。全然納得がいかない儀式をさせられた。そば屋がまこう庵2代目ガモジュンです。

先日ポン酢が売れないというそばっこブログ『ポン酢が売れない 』を書きました。

売れないものもあればその逆に売れるものもあります。それがこれです。

そば饅頭

がまこう庵の都城産のそば粉で友達の和菓子職人さんの協力により

がまこう庵オリジナルのそば饅頭を作りました。

なぜそば饅頭を作ったのか?

単純です。ただそば饅頭を作りたい。って思っただけです(笑)

だってそばのお菓子って言えばそば饅頭っていうくらい有名なお菓子ですもん。

そば饅頭が好きだったわけじゃないので特に食べた事はありません。

なんかどれも一緒な味がして。何となく買って食べた事はなかった。

どこにでもあるそば饅頭は嫌だったんです。

今回そば饅頭を作るに至って気にしたのは自分が好きになるそば饅頭が作りたかった。

がまこう庵らしい都城をアピールできるそば饅頭にしたいって思ってました。

都城の大地で育ったそば粉で作ったそば饅頭。

そばの香りがあるそば饅頭。

自分が石臼で挽いたそば粉でそば饅頭。

そんな気持ちを理解してくれて協力してくれた友達。

お菓子の小山田  という和菓子屋さんの小山田くんがこのそば饅頭を作ってくれました。試作からもう絶対美味しいそば饅頭ができると思ってました。完成して美味しすぎて感動しちゃった。繋がりで面白いことできるのが嬉しいな。

小山田くん。彼の見た目とは想像もつかない繊細な和菓子を作ります。本当に作ってるのかなって疑うくらい(笑)飲んでる時の彼からは想像できないほど上品な和菓子を作るんです(笑)

顔はそば粉で隠しておきました。照れ屋の和菓子職人です(笑)ぜひお店に行って見てあげてくださいね。

お菓子の小山田

去年の年末から販売しています。

このそば饅頭すごく美味しいです。そばの香る生地に上品な芋あん。何個でも食べちゃえます。お客さんも美味しものはよく分かってますね。

朝、そば饅頭を売り場に出せばお昼には無くなります。

凄すぎる。そば饅頭の勢い!!天然酵母のパンの横に置いてるけど。

天然酵母のパンよりも早くそば饅頭が無くなります。

そば饅頭こわいです。

とは言っても今一番怖いものはって聞かれたら。

ポン酢がこわい。

それじゃー、またですねーー。

がまこう庵

宮崎県 都城市 吉之元町5186

◎営業時間午前10時〜午後5時

◎定休日毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

◎電話・ファックス0986・33・1226

◎メールinfo@gamakoan.jp

がまこう庵の詳しい情報はここです

The following two tabs change content below.
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。