がまこう庵も新そばになりました。でも今年の新そばはいつもと違んです。

12月に入りましたね。11月は紅葉シーズン、店舗リニューアルなど重なってスタッフみんなでいっぱい動き働きました。ほんと頑張ってくれてありがとう。

11月はあっという間に過ぎさった感じですね。

さらに今月12月。そば屋が主役になれる月です。

なぜかって?それは新そばの時期でもありますし、年末は年越しそばの時期でもあります。

忙しい季節ですね。

更に輪をかけてここ最近マスコミさんの取材が一気に増えました。

先日新そばをうってる姿がNHKに出ました(笑)
本日放送されたmrt放送の情報テラス。
南九州新聞の掲載もどでかくドーンっ

12月はマスコミさんにもそば屋を盛り上げてもらいます。ありがとうございます。

どうもこんばんわ。私が主役のそば屋がまこう庵2代目そばっこです。

そんながまこう庵ですが明日12月9日日曜日から新そばになります。

今年の新そばは違います。

何が違うかっていうと産地が違います。

お隣町の高原町産の新そばになります

毎年都城産のそばで新そばはやってきました。でも今年は都城市のそばは不作です。例年になく不作です。

なぜ不作だったのか?それは台風。農作物って台風に弱いですよね。当たり前だけど。でも今回はかなり深刻な状況。

現に普通だったらもうドンドン収穫されてウチに届く状況なのに。未だ都城のそばは入ってきません

都城そばは厳しい状況です。そしてそこのそばを原料にしているがまこう庵も厳しい状況。

そんな中今年は高原町のそばが入ってきました。「新燃岳そば」です。

そうです。以前お話しした、杜の穂倉の代表黒木さんが農家の皆さんと作ってくれたそばなんです。

黒木さんと事務所にて

その時のブログはこちら

高原町の農事組合法人はなどう(黒木親幸代表理事)が新燃岳噴火による被害からの復興を目指してソバを栽培し、「新燃岳そば」と名付け高原町ブランドそばを作ろうとがんばってます。

新燃岳の麓高原町で育つそばの花

味見というなのがっつりなざるそばで新燃岳そばを食べました。

味見するとき寒くても冷たいそばです。
それはそばの味が一番わかるから。

フレッシュな爽快感なそばの香りに新そばならではのあのモチモチな食感。

そう。このモチモチ食感が新そばならはです。がまこう庵は新そばに近い感じで1年間真空保存し、冷蔵庫入れてますが香りは残るけどこのモチモチ食感はなかなかでません。保存を頑張ってもこの独特のモチモチ感は消えてしまうのです。なのでこのモチモチ食感を食べたいなら今しかない、貴重な新そば時期なのです。

四たてそばってご存知ですか?

以前三たてそばについてもブログに書きました。

三たてとは、挽きたて、打ちたて、茹でたてと言われるおいしいそばの条件。

でも今の新そばの時期は四たてそばと言われます。獲れたてというもう一つたてが入り、四たてになります。これも一年に今の時期だけ。

美味しいです。あー今年もこうして地元の新そばで 四たてそばがたべれて食べれて最高です。

新燃岳そばが食べれるのは唯一がまこう庵だけです

この新燃岳そば。今年初めてできたそばです。

そして量があまりないので市場にはあまり出回らない貴重な貴重なそばです。

新燃岳そばを食べれるのはがまこう庵だけです。しかも量が限られているので新そばの時だけで無くなりそうです。1月中旬くらいまではあるのかなー。

もしどうしてもこの新燃岳そばを食べたい方はお早めにしてくださいね。

年越しそば用のそば粉も用意しました

でも、あれですね。都城産そばで長年やってきましたが、生産者減少、自然災害の影響などを考えるともう都城産のそばとか高原町産そばとかそういうくくりでは営業できなくなってます。なので呼び方も一括にして霧島そばって呼ぶようにしたいと思います。

がまこう庵のそばは霧島周辺でできた霧島そばです。

以上本日お知らせしたいことは

がまこう庵のそばは無事に新そばになりましたよってこと

新燃岳そばが今年初めてできましたよってことです

それじゃまたですね。

がまこう庵からの定休日案内です。

勝手な都合でご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

がまこう庵

◎営業時間午前10時〜午後4時

宮崎県 都城市 吉之元町5186

◎定休日毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

◎電話・ファックス0986・33・1226

がまこう庵のネットショップ

◎メールinfo@gamakoan.jp

The following two tabs change content below.
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。

最新記事 by 蒲生 純(そばっこ) (全て見る)