自然を生かし、自然に生かされて

見上げる空は高く、深く息をしたくなる。
風にゆれる木々の音、小鳥たちのさえずりが響き渡る。
そんな霧島の山の中に、がまこう庵はあります。
霧島の雄大な自然の中でそば屋を営む理由、
それは、がまこう庵が土地の恵みと自然の循環を
大切にしているからです。

私たちは、できるだけ地元で採れた食材を使用し、
調理やお食事から出たそば殻や残飯を無駄にせず、
なるべく再利用しています。
例えば、飼育している鶏の餌には、お店の残飯などを与えます。
そば殻とお店周辺の落ち葉を鶏小屋にまき、
鶏たちが糞と一緒にかき混ぜることで、堆肥の原料がつくられます。
この堆肥を田んぼや畑で使用し、育った作物は食材へ・・・。

「身土不二(しんどふじ)」
人はその土地でその季節に採れたもの(いのち)を
いただくことがよいとする仏教の教えは、
がまこう庵の理想の言葉です。

自然を楽しみ、自然の恵みに感謝する山暮らしの中で、
人と大地は切り離せないと感じる日々。
身土不二には、がまこう庵の想いがつまっています。

都城市庄内そば

霧島盆地にある都城は、そば栽培に最適な環境。
朝霧が立つ、昼夜の温度差が大きい霧島盆地の気候は、
良質で香り高いそばを育ててくれます。

さらに、がまこう庵では、1年を通して質の良いそばを
お出しできるように工夫を重ねています。

都城のそばは、9月上旬に種がまかれ、11月下旬に収穫されます。
自然乾燥させたすべての玄そばを、特殊な袋で真空状にして詰め、
5℃の冷蔵庫で保管することで、常に高い品質を保っています。

石臼挽きの自家製粉

がまこう庵では、石臼で自家製のそば粉をつくっています。
なぜ、石臼挽きの自家製粉にこだわるのか。
そばは熱に対して敏感な食材。機械で挽くと摩擦熱でせっかくの
そばの香りが飛んでしまうからです。

石臼だと摩擦熱が少なく、キメの細かいそば粉が挽けるうえに、
石臼を回すスピード、そばを落とす量、振るい方などで
多様なそば粉を自在につくれるのです。

手打ちそばと手づくり商品

石臼挽きの自家製粉を使って、湧き水で打つそばは絶品です。
がまこう庵でお出ししているそばは2種類。
そばの香りを楽しめる、打ちたて、茹でたての
「生そば」(9割そば)と、南九州ならではの太くぶつぶつと切れる、
昔ながらの「田舎そば」(10割そば)です。
出汁は鰹、昆布、いりこ、椎茸の旨味を生かした、
懐かしい味が特徴です。

その他、天然酵母のパンやいもこんにゃく等、様々な手づくり商品を
店内にて販売しています。(お持ち帰り用のそばもご用意)
そば粉をはじめ、いくつかの手づくり商品はインターネットでも
購入可能。詳しくは「おすそわけ」をご覧ください。

The following two tabs change content below.

最新記事 by (全て見る)