そばクッキーの話と思いきやそば屋のいじけた話です

甘いもの。洋菓子、和菓子何でも好きです。

実は前世は砂糖なんじゃないかって思うくらい大好きです。

どうもこんばんわ。食後のデザートは欠かすことのできないそば屋がまこう庵2代目そばっこです。

がまこう庵のそばクッキーの思い出話

それは昔の話ですが大学卒業後パティシエに興味があり
そば屋の二代目になる前にお菓子の勉強をしたくて製菓の専門学校に行き製菓衛生士の資格を取りました。そして地元のお菓子屋さんに就職。
それはすべて都城産のそば粉でそばのお菓子が作りたいというのが目的でした。

二代目になり早速取り掛かったのがそばクッキーでした。


そば粉100%で作るクッキーを作りたい!!そんな思いの詰まったクッキー。
ザクザクという食感。そば粉の粘り、香りをだす。これを目標に作りました。

納得のいくものを作るってこんなにも大変なのかーと思うほど
何度も失敗しました。ほんとに何度も(笑)

だってそば粉って小麦と違ってボロボロなるし、サクサク感どころかめっちゃ硬いクッキーになるんです。そば粉って難しすぎるーーー。そば粉って何だよ!!嫌いになりそうなくらい(笑)

卵とバターに空気を含ませることによりザクザクする食感が生まれ。香り粘りもそば粉の挽き方を何度も試し。試行錯誤のすえようやく完成したそばクッキー。
今ではありがたい事にそばクッキーファンも増えてきました。

こんな思入れの強いそばクッキーだから。当初から生地は自分が作っていました。
誰にも任せず自分で!!自分しか作れないんだ!!これは自分のクッキーなんだ。という変なプライドを引き下げて。職人気質を前面に出しているそばクッキーです(笑)

でもある時から他の仕事も増えて忙しくなりクッキーを仕込む時間が作れなくなり。

長く働いてくれているスタッフのミワちゃんに生地作りを教えました。
ミワちゃんに任せて数カ月のある日。

「最近そばクッキー変わったわねぇー」

常連のお客さんに言われました。ドキっ!?やばい。なんかあったのかな。
任せたのがいけなかったのかっと頭をめぐりました。

やっぱり自分仕込まないといけなかったって思ったくらいです
続けてお客さの聞いてみると。

「前よりも最近クッキーが美味しいじゃない」

・・・・・?えっ?!クレームじゃないの?

苦笑いで「あ、ありがとうございます」

その後もこんな意見を多数いただきました。
複雑です。めっちゃ複雑です。自分が作ってきたそばクッキーなのに。

自意識過剰なそばクッキーだった事に気がつきました。

美味しくなったって言われたのでまー嬉しいですよ。
あんなに苦労して育ててきたクッキーなのでまー嬉しいですよ。
もっと美味しくなったのですから。
素直に嬉しいですよ。
ほんとにです(苦笑)

そしてそれ以来。

自分はクッキーを作るのをやめました。

ミワちゃんが作った方が美味しいですもん(笑)

自分の作ったクッキーなんて・・・。

※補足です

ミワちゃんは以前お菓子屋さんで働いており
丁寧な仕事をいつもしてくれます。

家でもお菓子を作るのがストレス発散で楽しく、大好きみたいです。

よくスタッフにも差し入れで手作りのお菓子を持ってきてくれるのです。

そんなミワちゃんが作るんだから美味しいのは当たり前なのです。
あくまで補足です。言い訳ではないですよ(苦笑)

今日はそばクッキーの話かと思いきやそば屋がいじけた話でした(笑)

それじゃまたですね。

そばクッキー販売

ほんのりとそばの香りがするザックリとしたクッキー。 試行錯誤の末つくりあげた一品です。

がまこう庵

宮崎県 都城市 吉之元町5186

◎営業時間午前10時〜午後4時

◎定休日毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

◎電話・ファックス0986・33・1226

◎メールinfo@gamakoan.jp

がまこう庵の詳しい情報はここです

The following two tabs change content below.
アバター
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。
アバター

最新記事 by 蒲生 純(そばっこ) (全て見る)