がまこう庵はジャム屋です。

そば屋だけどパンを焼いています。

そば屋だけど甘酒を作っています。

そば屋だけどジャムを作っています。

こうやって書いてみて思うことがあります。そば屋ってなんだろう(笑)

どうもこんばんわ。最近何屋さんなのか?自分でもわかっていないがまこう庵2代目ガモジュンです。

がまこう庵はジャム屋さんです。

霧島の周りでは季節ごとに多くの果物がとれます。いちご、すもも、ブルーベリー、はっさく、キンカン。こういう果物って旬ものですよね。一気に実って収穫という感じのものが多いのです。そして短期間でそんないっぱい食べれないですよね。

なのでがまこう庵ではジャムを作ります。なのでって書いてみたもののよくわかんないですよね。ジャムを作るのが当たり前みたいです(笑)そば屋がジャムって(笑)

収穫から加工まで手作業で結構な手間です。実は。大変だけどやってしまうにはそれなりの理由があるわけです。それはなぜか?その答え。自分がジャムが好きだから。ジャムが食べたいからーーー。単純な理由です。結局世の中のやる気ってそんなものです。きっと(笑)

毎朝ジャムパンを食べていたい。ジャムをヨーグルトにのせて食べたい。自分たちで作った好きなものを食べる。仕合わせですよ。

がまこう庵のジャムのこだわり

もちろん素材(果物)となるものはがまこう庵で育った果物や、わかっている素材のものを使っています。ジャムとなると皮も実も全て使い食べるので、できるだけ体に優しいものを使いたいですよね。

そして保存料や着色料などの添加物はないほうが良いです。でも保存料がないとすぐに腐ってしまいます。じゃがまこう庵はどうやってジャムを作るのか?それは糖分を上げて保存料の代わりにしています。なのでがまこう庵のジャムは甘めのジャムになります。保存料の代わりに使う糖分。ここで大事なのが砂糖ですね。

がまこう庵の砂糖は喜界島の粗糖を使います。これが美味しさの秘密です。白い砂糖と違って尖がりがなく優しい甘さに仕上がってくれます。

砂糖と粗糖の違いって

製法は途中まで黒砂糖と同じであるが、サトウキビの絞り汁を下処理した後に結晶させ、遠心分離機を用いて糖蜜(=廃糖蜜)をある程度分離し、残った結晶が粗糖となる。 粗糖は一般的な砂糖を作る時の原料として用いられており、後に精製を受けて様々な種類の砂糖となる。粗糖 – Wikipedia

がまこう庵のジャムが美味しすぎて子供達がはなさない

5日前にきたお客様が再びご来店。今回の来店の目的はジャムを買いに来たとのこと。
なんだって!?そばも食べずに
そば屋に堂々とジャム買いに(笑)嘘だろ〜ーー。
こんな堂々っぷりに一瞬自分がジャム屋さんかと錯覚したくらいです。
11.5秒ほど考え、我にかえりそば屋であることを思い出しました(笑)
先日買ったジャム。子供達がめっちゃ気に入ってくれてすぐになくなったみたいです。
両手にジャムパン。お口にもジャムパン。すごくジャムパン好きですやん(笑)
なんとも嬉しい写真も見せてくれました。可愛いわーー。
こんなに気に入ってもらえると作り手は嬉しいよね。
このお客さん他にもいっぱい褒めてくれました。『パンがやばいよねー』とか『甘酒美味しすぎる』とか『ジャムこそ本物の味』だとか。嬉しいよね。こんながまこう庵の事を褒めてくれるの。でも一つだけ言いたいことが散々褒めてもらって流石に言いにくいけどその褒めてる商品全部うちの嫁が担当の商品だから。うちそば屋だからね。そばも褒めてよねーー。
店主は意外と小さい性格ですぞ!!気をつけなはれやーー(笑)
少々いじけてますが今日はこの辺でまたねーー!!

がまこう庵

宮崎県 都城市 吉之元町5186

◎営業時間午前10時〜午後5時

◎定休日毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

◎電話・ファックス0986・33・1226

◎メールinfo@gamakoan.jp

がまこう庵の詳しい情報はこちら

The following two tabs change content below.
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。

最新記事 by 蒲生 純(そばっこ) (全て見る)