誰に頼まれたか?最近誰と仕事をするのか?が大事だなーって思います。それによって楽しさが全然違ってくる。だから自分は好きな人と仕事をするようにする。

ここ最近そば打ち教室の誘いが増えてきました。年末ですねー。

どうもこんばんわ。先生って呼ばれるの嫌いじゃないそば屋がまこう庵2代目そばっこです。

本日はサンシールさのさんでそば打ち教室

門川町のサンシールさのさん内にあるキッチンスタジオでそば打ち教室をしました。

サンシールさのさんは普通のものも売ってるけどとても個性的な商品も置いてる素敵なスーパーなんです。こんなスーパーが近くに欲しいって毎回いくたびに思います。詳しくはこちらのサンシールさのさんのホームページをみてくださいね。

今回サンシールさのさんが募集をかけてくれました

募集するとすぐに定員がいっぱいになり、すぐに締め切りになりました。自分は何も発信してないのにいっぱいになりました。がまこう庵というそば屋もあまり知られていないこの土地で、こんなことになるなんて。やっぱりサンシールさのさんはすごいなーー。今日来てくれた人たちほとんどサンシールさのさんのファンの方々だもんね。さすが地元に愛されるスーパー。自分もこうなりたい(笑)

そんな今日のそば打ち風景はこちら⬇︎

男性、女性、年齢もバラバラ。教えるのはこんな若造2代目そば屋

こうやってやさしく教えます。自分で言うなよって話だけど(笑)

みんなどんどん質問してくれるし、しかも前のめりで興味津々で聞いてくれる。なんか嬉しいー。自分はこんなアットホームなそば打ち教室がやりたいの。だから今日みたいな雰囲気が大好き。

茹で時間1分って言ったけど色々聞かれて話していたら、確実に1分以上湯がいたよね(笑)こんな感じでも許されるそば打ち教室が大好きなんです。。。こんなんで本当に良いのか(笑)

お友達の和田さんも美味しいって言ってくれたので良かったー。

みんな最後は美味しいって。やっぱり自分で打った蕎麦は最高なんです。

最近誰と仕事をするのか?が大事だなーって思います。それによって楽しさが全然違ってくる。だから自分は好きな人としか仕事をしたくない。

という事で今日はそば打ち教室をしましたーーって話なんですけど。

正直言います。自分。今すごく忙しいです。新そばの準備や年末年始の準備。畑には大根が早く抜いてくれと言わんばかりに大きくなってるし、来週の火曜日も宮崎市内でそば打ち教室だし。ほんとやる事がいっぱいなんです(なんか偉そうでごめんなさいw)

ていうかそもそも引き受けたのは自分だろって話だけど(笑)

じゃ。そんな忙しいのになぜ引き受けたのか?往復4時間以上かかる場所だしね。それは簡単です。サンシールさのさんの佐野社長が尊敬しているし、いつもお世話になってるし、何よりも好きな人だから。

最後佐野社長と一緒に撮りました(笑)

佐野社長とは出会いは8年前くらいかな。ちょうど新燃岳が噴火した後、うちのお店も大ダメージを受けてる最中でした。佐野さんがうちのスーパーにがまこう庵さんの商品を置いてくれませんか?って誘ってくださいました。実際お会いしてうちの商品をよろしくお願いしますって流れになり、商品を受け渡した後に最後に佐野社長が言った言葉が感動したんです。『がまこう庵さんのお子様たちをしっかりお預かりしますね。』って。自分たちの愛情込めて作った商品をお子様って呼んでくれたんです。普通スーパーの方ならそんな事言わないです。むしろ置いてやるよ的な感じのスーパーが多い。まーそんな所とは一緒に仕事しないですけどね(笑)この時から自分は佐野さんのファンになったんです。

実際の商品の置き場
ここ入口の入ってすぐの一番目立つ所に8年前からずっと」変わる事なく置いてくれてるんです。
もはやこの対応も嬉しすぎるんです

こんな大好きな佐野さんだからこそ引き受けました。むしろこっちからお願いしました(笑)

って何が言いたいのかっていうと。自分は今までも。そしてこれからも自分の好きな人と仕事をしたいと思っています。それが一番良い。気持ち的にもすごく良いし、何よりも楽しい。これが一番うまくいく気がします。こんな人を選ぶ蕎麦屋で本当ごめんなさい(笑)

と言う事で勝手な仕事のうまくいく持論を書いたところで今日は終わります。

最後にですが今回そば打ち教室も嬉しかったのですが。更に嬉しい事がありました。

この教室が終わった後に門川町に住む高校の同級生がわざわざサプライズで会いに来てくれたよーー。いやー驚いたし、嬉しかったよ。英一郎ありがとう。また会おうねーー。

それじゃまたですね。

The following two tabs change content below.
アバター
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。