がまこう庵の甘酒。健康食と言われる甘酒でも注意してほしい事があります。甘酒ってどれも一緒ではないのです

朝晩が寒くなってきました。いよいよ冬なのか!!自分は寒いのが苦手。苦手というか嫌いです。冬に入るお風呂も嫌い。毎回裸になると寒いもん。お風呂に入るという行動がなくなればいいのにーーって思います。。。でも温泉は好き。どっちだよ。。。

そして寒いのが嫌いなので外に出るのは嫌。でも雪が降るとめっちゃ外にでたい。どんなに寒くても雪に触れるのは好き。北海道に住んでみたいって思ってるくらい。

どうも。嫌いと好きは紙一重なんだと気がついたそば屋がまこう庵2代目そばっこです(笑)

寒いの冬がくるという事で、毎年書いてますが、がまこう庵手作り甘酒の事を書きますね。冬は甘酒を飲んで乗り切ろう!!

がまこう庵特製甘酒

11月に入ったのでがまこう庵特製甘酒を始めました。もう19日もたってるけど(笑)報告おそーー(笑)

がまこう庵の甘酒はえびの市有機農家の鬼川さんが作ったもち米で甘酒を作っています。そば屋で採れたアヒル米に麹菌をつけて米麹を作り、そのもち米と合わせてつくる甘酒。これがそば屋の甘酒です。

米麹の麹が生きて、作り出すまろやかな甘み。ほのかに香る麹の香り。手作り感たっぷりで優しい味の甘酒になりました

えびの市の有機農家。もち米を作ってくれている鬼川さん夫婦

実はこの地方ならではの甘酒の飲み方があるんです

都城では甘酒を刺身こんにゃくと一緒に飲む風習があるんです。

11月この季節。都城では、豊穣会(ほぜ)と呼ばれる行事があります。
五穀豊穣に感謝し、甘酒とこんにゃくを氏神様にお供えします。みんなで甘酒を飲み、刺身こんにゃくをつまみながら、来年も豊作を願うのです。
がまこう庵もそういう風習も知ってもらいたくて甘酒とこんにゃくをセットで出しています。さらに甘酒にすりおろした生姜もトッピング。生姜を混ぜて飲む甘酒は体の芯まで温まって、とっても美味しくなります。

温かいもちっとしたほんわか自然の甘みの甘酒。生姜醤油でいただく冷たいこんにゃく。飲んで食べてわかるけど。甘みと塩気のこの組み合わせが凄く相性がよい!!都城に生まれ育ってよかったーー〜。

甘酒のいろいろ情報

甘酒って冬に飲むイメージがありますよね。でも実は違うんです。俳句の世界では夏の季語で甘酒は、使われるのです。江戸時代では甘酒は夏の飲み物だったという話です。これを知った時は驚きました。なんせこっちでは冬にしか飲んだ事なかったので。
そんな夏の飲み物。甘酒は色んな効果がある飲みものとしては有名な話。検索すればその類のものがわんさか出てきます。なので軽く紹介しますね。

栄養満点、疲労回復、お腹の調子を整える、美肌効果、ダイエットにもおすすめ
ちまたでは飲む点滴と言われている甘酒。

ここは注意してほしい。甘酒はどれも一緒ではないのです

甘酒って書いてあればどれも一緒なのか?じゃどの甘酒を飲んでも体に良いのか?という事を注意してほしいのです。答えは甘酒はどれも一緒ではないです。

甘酒の製法は2つあります。この製法が重要です。

①酒粕をとかし砂糖を大量に加えて作るもの。

②米こうじから作るもの。

①酒粕なのでアルコールも含まれている事もあります。そして大量に入れる砂糖。これはダイエットには不向きです。正直。飲む点滴という甘酒ではない気がします。

一方②の米こうじから作られた方は、発酵の力からできた自然の甘味なのです。
もちろん栄養素が豊富なのは米こうじから作られた発酵食品の甘酒です。
ここは要注意です。甘酒と書いてあっても製法によって全然違う甘酒になります。大量生産されている甘酒はほぼ①の製法で作られているので気をつけてくださいね。

がまこう庵の甘酒はもちろん②の米こうじから製法です。

がまこう庵の甘酒は毎回味の違う甘酒。

昔。甘酒を買ったお客さんに『毎回買うたび味が違うですけど』って言われました。普通だったらそれは良くない事ですよね。そんな物を売るなんてって話ですね。それでもがまこう庵は甘酒を売ります。ウチのは日に日に味が違います!って売ります。この甘酒は生きてるんです。麹が生きているので甘味が変化します。日がたつほどに甘みが増しいくのです。

毎回同じ味の甘酒はは保存料や発酵を止めるものなど甘酒に入れています。うちのは一切入れてません。なので作りたてから販売中の期間ずっと味が変化していきます。どんどん甘くなっていきます。
それが、がまこう庵の甘酒なんです。

こんな甘酒を誰に飲ませたいのか?

自分が1番飲ませたいのは!!それは出産後のお母さんです。出産で体力を大変使ってしまいます。ブドウ糖を多く取らないといけないと言われています。
そして産後は子供に栄養を分けないといけません。美容にも良いですし、甘酒には栄養豊富でブドウ糖を多く含まれています。しかも発酵からの産物。自然からのおすそ分けなのです。体にも優しい甘酒なのです。

そうは言っても甘酒をわざわざ水に溶かして鍋に入れて火を入れて作るのは、とても面倒くさい。洗い物は増えるし。自分でも毎日家で甘酒を作るのは絶対嫌です。面倒くさいもん。そんなめんどくさがり自分が良くやる画期的な甘酒の食べ方をちょっと紹介します。

それは。。。。。
そのままスプーンで食べる!!もしくはヨーグルトに混ぜて食べる。

毎朝ひとスプーン。


これなら簡単に食べれます!!
すいません。
なんかフツーな食べ方で(笑)
でも。一番甘酒を簡単に食べれる方法なので是非お試しを(笑)

という事で今日お伝えしたいことは甘酒は飲み物でなく、食べ物ですという事です(笑)

それじゃ甘酒を食べて今年の冬も乗り越えましょう。

またですねーーー。

がまこう庵

宮崎県 都城市 吉之元町5186

◎営業時間午前10時〜午後4時

◎定休日毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

◎電話・ファックス0986・33・1226

◎メール gamakouan@gmail.com

がまこう庵の詳しい情報はこちら

The following two tabs change content below.
アバター
1977年宮崎県都城市生まれ、そば屋がまこう庵2代目。 (株)がまこう庵代表取締役、都城産のそばを多くの人に知ってもらい喜んでもらいたい。そして都城のそばを世界へ。 自分の育った都城が大好きでそばと共に都城の事も発信していきたい。